訪問看護知っておきたい 人財教育とコミュケーション

講師:熊谷 まき子

イベント概要

訪問看護、訪問介護はそれぞれの立場で働くひとの連携が必要なお仕事です。職場で管理者、経営者が心得ておくことは、現場で働くスタッフが主役で、私たちは現場のスタッフがいかに安全で経営理念に沿った素敵な看護、介護を提供できるのかを考え、応援していくことです。管理する側は、その必要性の理解と人間力、マネージメント力、収益力という総合的な能力が問われるお仕事。

そして、それが叶えられる組織の仕組み作りから実践までを実行することは、組織の活性化においてとても重要な事になってきます。今回は日々忙しくされている責任の皆さまに、わかりやすく問題解決につながるお試し研修を開催します。

セミナー内容

・病院看護と訪問看護の違いと心構え
・マネージメントの大切さ
・それぞれの立場と伝え方
・求められる訪問看護とは
・今後の訪問看護は?余談
・講師紹介

講師紹介

熊谷 まき子
【経験】
独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター 8年 実地指導対応の院内看護基準・マニュアル作成
株式会社 訪問看護ステーション 管理責任者 7年(管理責任者兼役員)
開業後半年の訪問看護ステーションの立て直し、半年で黒字化。評価制度を通じた生産性向上、情報共有の仕組化などで盤石な経営を築き上げる。また、行政イベントでもっとも呼ばれる存在となる(新オレンジプランのチーム員所属)。
訪問介護系事業所のコンサルティングを実務業務改善、事業所内の連携強化に携わる。

【コメント】
大きな組織の中でのスタッフとしての現場役割と訪問看護の管理責任者、現場業務、医療事務業務、介護業務から経営まで携わり、そのすべてに面白さと魅力を感じています。さらに経営の勉強を通して、組織作りのためのシステムの必要性を研究中。
少人数の事業所から大規模の事業所まで、やるべきことは同じです。小さくても必要な組織力の魅力をお伝えします。

視聴方法

オンライン動画配信サービス「Teachable」の専用ページにてご覧いただけます。
月額1,100円(税込)/ID
その他の動画も見放題!
すでに会員の方は、こちらよりログインをしてください。
はじめての方は、会員登録へお進みください。
次のページへ
色で即売、住みたくなるお部屋 カラーマーケティングは魔法の心理学